-- Don't Starve Together 日記 --

« 食べ物を粗末にします | メイン | ダイナマイト・どんどん!です(1) »

移民村が完成です


……うむ、こんなものかな。
完成したばかりのキャンプ場を眺めて、一人で悦に入っています。

ベリーの茂みに、草に小枝と、必要な資源は一通り植えました。
干し肉棚と畑もいくつか用意しました。おっと熱い夏を過ごすための冷却炉がありませんね、後で建設しておきましょう。

因みにこれは私のキャンプではありません。
普段、私が住んでるリッチなキャンプ場は、このログインゲートからずっと離れた、サバンナと森林の境界にあります。

そう、ログインゲートからかなり遠く離れた場所です。
経路も少し分かりにくい。仮に誰かが新たにこのログインゲートに降り立ったとしても、生きて私のキャンプ場までたどり着くことは不可能でしょう。

ということは、例えば私が真冬にこの世界から去ってしまうと、後は誰もこの世界に留まることができない。この世界は死んだ世界になります。


そんな事情から、私はいつもログインゲートの近くにキャンプ場を造るように心がけているのですが……今回はカードの引きが悪かった。実は今いるこの場所って、世界の端っこなんですよ。草が生えている以外、何にも無い場所です。

生き延びるための利便性を考えたら、当たり前ですけどやっぱりキャンプ場は世界の中心辺りにあるのが理想です。不便な僻地だが他の人たちの事を考慮してログインゲートの側にキャンプ場を造るのか?それとも世界の中心に造るのか?

大前提として私は死にたくない人です。私が一番かわいい。
なので大して迷いもせずさっさと世界の中心にキャンプ場を造ったのでした。

あれから何年も生き延びて、そろそろ倉庫からあふれるほど資材も集まったので、遅ればせ、後から来る人も生き残れるように、ログインゲートの周りに仮のキャンプ場を造った次第です。

トラックバック

この投稿へのトラックバックURL:

コメントを投稿

最近のコメント

最近のトラックバック