-- Don't Starve Together 日記 --

« ジャパリまんです | メイン | セイウチ旅団を襲撃します »

サーバルちゃんの足は速いです


冬はつとめてと言ったのは誰でしたか、どうでもいいか。
朝ご飯を食べた後で、「ちょいとセイウチ旅団を襲撃しようぜ!」と思いつきました。

セイウチ旅団は、冬になると獲物を求めてこの大陸に渡ってきて、エスキモーのイグルーのような小さなキャンプを張ります。

決して彼らは侮ってよい敵ではなくて、2匹の猟犬の連携とセイウチ親父の吹き矢狙撃によって、大勢の人が返り討ちにされてきました。

しかし皆殺しにしたときにドロップするお肉やレアアイテムが美味しすぎて、誰も諦めきれないのです。(冬には他にすることがないという実情もあります。)


セイウチ旅団を襲撃しようと思いついて、それからずっと二人で走っています。セイウチ旅団のキャンプは遠いのです。

サーバルちゃんの足は速い。
それは、いつも忙しなくキャンプの中を走り回ってるサーバルちゃんを見て知っていましたが。一緒に走ると、本当に速いのだと実感できます。

私は、他の人よりは足が速い方だと自負していますし、更に足が速くなる競歩の杖も装備しています。なのにサーバルちゃんは更に速いのです。

一生懸命に追いかけても、サーバルちゃんの背中は少しずつ遠くなる。
ときどき(離れちゃった?)とサーバルちゃんは振り返って待っていてくれます。


そろそろ日が暮れてきましたが、まだ走っています。

途中に殺人蜂の巣の密集地帯があります。
踏み込むと季節を問わず無数の殺人蜂が襲いかかってくる難所です――数が多すぎて倒すのが難しいってだけで、無視して走り抜けたら危険もないのですけどね。

トラックバック

この投稿へのトラックバックURL:

コメントを投稿

最近のコメント

最近のトラックバック