-- Don't Starve Together 日記 --

« スチール・バックラー | メイン | 野犬に追いかけられました »

リコ饅頭を作ります


最近甘い物を食べてないなあと、ふと思い出しました。
あ、ベリーはいつも食べてますよ。そんなじゃなくてもっとこう、舌にべっとり甘さが残る感じのやつです。なんて想像したら……うう、じゅるる。あっという間に我慢できなくなりました。

よし作ろう。もう夜中だけど、今食べたらカロリーが心配だけど。いやいや朝ご飯に食べるんだから少しも心配じゃないよ。うん、ぜんぜん大丈夫。


私はこの世界に降り立ったときから、携帯用の小さな鍋を持っています。 どこでも調理ができて食べ物に困らない、という優れものですが。それだけではなくて、この鍋でしか作れない料理もいくつかあるんです。

今から作るリコ饅頭(命名は私)もその一つです。
あん饅の中身がとろとろのカスタードクリームみたいなやつ、といえば伝わりますか。

精神疲労を大きく回復する効果があるので、薬の代わりに食べたりもしますが。今は純粋に甘いものが食べたい!


リコ饅頭を作るのに特別な食材は使いません。
たっぷりの卵とベリーだけ。地面に据え付けたリコ鍋(命名は私)に食材を入れて、スイッチぽん。少しの時間で出来上がりました。

それでは早速、出来たてを一つ……うん甘い。そしておいしいー!
ふわふわの生地の中に破れ出そうなほどのカスタードが入っていて、そこにジャムの酸味がアクセント。これはいくらでも食べられますよ……少し卵臭いな?いえいえ大丈夫、これは冷蔵庫で寝かせて少し落ち着かせると更に美味しいのです。後で冷蔵庫に入れておきます。


さて、ここでちょっとしたトリビアを。
みなさんは調理するとき、冷蔵庫から食材を取り出して、そのまま鍋に入れて調理するでしょう?そんなふうに傷みかかった食材をそのまま調理すると、傷みかかった料理が出来てしまいます。

ここは面倒でも、全ての食材を火で加熱してから調理すると、新鮮な状態の料理が出来ますよ。さすがにぴっかぴかの新鮮!とまではいきませんが、最初から腐りかけの料理が出来るよりずっとましです。
ぜひ試してみてください。

トラックバック

この投稿へのトラックバックURL:

コメントを投稿

最近のコメント

最近のトラックバック