-- Don't Starve Together 解説 --

メイン

2019年08月13日

ウォーリーのレシピ

ウォーリーさんのレシピをまとめておきます。
プログラムコードを参照しましたので、ゲーム中での料理の名前などに違いがあるかもしれません。

グライディングミルとシーゾニングステーション

グライディングミルとシーズニングステーションは、これら2台で1役です。グライディングミルで調味料を作製して、シーズニングステーションで既存の料理にいろいろ風味付けをします。

調味料の種類はハニーとガーリックとペッパーの3種類のみ。
なので使い方に迷うことはないかと思います。大凡どんな料理にでも、これら3種類の調味料を使うことができるようです。ガーリック風味のアイスクリームとか。これを美味しそうに食べるウォーリーさん……うーん料理道は奥が深いと、好意的に解釈しておきますか。

ウォーリーさんの長期遠征戦術

調味料を使って風味付けした料理は元の料理とは別物になります。
例えばふつうのミートボールとガーリック風味のミートボールを、ウォーリーさんはどちらも美味しいと言って続けて食べます。

ですからウォーリーさんがキャンプ場から離れて長期間遠征するときは、日数分のミートシチューと調味料とシーズニングステーションを持ち歩けばいいです。

限界まで腹が減ったらミートシチューを食べて、また腹が減ったら調味料で風味付けしたミートシチューを食べて、そしてまた腹が減ったら別の調味料で風味付けして食べる。このように調味料をローテーションして使うことにより、ウオーリーさんは飽きることなくミートシチューを食べ続けることができます。

ポータブルポットのレシピ

以下はウォーリーさんのポータブルポットを使用してのみクラフト可能な料理のレシピです。

ナイトメア・パイ
ナイトメア燃料2つ + ポテト + オニオン
ボルトゴート・ゼリー
ボルトゴートの角 + 蜂蜜2つ以上 + (肉以外)
グロウベリー・ムース
グロウベリーかレッサー・グロウベリー2つ以上 + フルーツ2つ以上
フロッグ・フィッシュ・ボウル
カエルの足2つ + 魚2つ
ドラゴン・チリ・サラダ
ドラゴンフルーツ + ペッパー + (肉、枝、卵以外)
ガズパッチョ
アスパラガス2つ + 氷2つ
ポテト・スフレ
ポテト2つ + 卵 + (肉、枝以外)
モンスター・タルタル
モンスターミート2つ + (枝以外)
フルーツ・フレッシュ・クレープ
フルーツ1.5以上★ + バター + 蜂蜜
ボーン・スープ★
骨の破片2つ + オニオン + 枝2つ
ムケッカ
魚 + オニオン + トマト + (枝以外)

★フルーツ1.5以上
ベリー2つだと足りません。スイカやドリアンなど大型のフルーツが1つは必要です。

★ボーン・スープ
プログラムコードによると上記のレシピになるのですが……クラフトしても失敗します。なぜ?

2019年06月02日

ブッシュハットEX


ブッシュハットEXは、標準で用意されているブッシュハットの改良版です。

ブッシュハットというのは、麦わら帽子にベリーブッシュ(ベリーの灌木)を括り付けたものです。見栄えに頓着しない実用一辺倒の道具でして、頭に被ると何というか…小林幸子?みたいになります。

ブッシュハットを装備して、危険が迫ったとき、ぱっと伏せてベリーブッシュのふりをします。一旦ブッシュに化けてしまえば、敵に気づかれることはありません。そのままじっと敵が離れていくのを待ちます。(非常にコミカルな動きなので、ぜひ一回は使ってほしいですね。)

ただし追いかけられている最中に目の前でブッシュに化けてもそれは無理というもの。「なめとんのかわれ!」とがぶがぶ食いつかれますよ。ですから敵の遠吠えや足音など気配を察知して、予めブッシュに化けておく必要があります。


EXはその辺を改良した、より強力な道具です。
ブッシュに化けると同時に辺りにデコイをばらまいて、敵の目をくらませます。例え敵の鼻先で使ってみせても、敵はあなたを見失ってしまうでしょう。

動画では、野犬を叩いてはブッシュに化けるという「だるまさんが転んだ」みたいなことをやってます。
»Steamのワークショップ

2019年05月31日

ロード・オブ・フォレスト


「森の君主」という名の、見てのとおり斧の形をした武器です。
ロード・オブ・フォレストはレベルの概念を持っていて、強い敵を倒すほど、たくさんの敵を倒すほど、際限なく攻撃力が強くなっていきます。

斧なので木を切ることもできて、やっぱりレベルに応じて早く木を切れるようになります。

ロード・オブ・フォレストの特別機能は、呪文詠唱によるツリーガードの召喚です。これもやはり、ロード・オブ・フォレストのレベルが高いほど、より大きくて強いツリーガードを召喚することができます。


私は武器を評価するとき、以下の二つの観点から評価します。

  • 雑魚の群れを蹴散らせるか?
  • 強い敵(巨人)を倒せるか?

例えば私の作った別の武器――グローイング・ソードは、攻撃力は高いのですが、野犬の群れに追い立てられるとなすすべがなくなります。ですからこのグローイング・ソードを装備するときには、別に何か、攻撃力はなくてもいいから、たくさんの雑魚を蹴散らせるような武器が必要になります。あるいは敵の目を眩ますようなアイテムとか?

ロード・オブ・フォレストは、召喚したツリーガードに一斉のヘイトを押しつけて、自分は逃走することができるので、オールマイティーな武器だと言えます。
»Steamのワークショップ

2019年05月16日

スチール・バックラー


スチール・バックラーは鋼鉄で出来た円盤状の盾で、手に装備する防具です。

ありふれた素材で簡単にクラフトできる分、HPは450、ダメージ吸収率は60%と、グラス・アーマー程度の性能しかありませんが。それはこのアイテムに関しては、あまり意味のない数字です。違う、そうじゃない。

スチール・バックラーの使い方はちょっと変わっていて、通常は他の武器を装備しておいて、敵が攻撃モーションを見せた瞬間に、素早くスチール・バックラーを装備します。

装備した瞬間(厳密には0.4秒間)、スチール・バックラーは全てのダメージを反射します。HPの消費はありません。

また、スチール・バックラーは敵の攻撃を反射した直後に、先ほどまで装備していた武器と入れ替わります。だから敵の攻撃を反射した直後に、すぐに反撃することが出来ます。動画では、プレイヤーがディアクロプスに張り付いて、一歩も退かずに斧を振るい続けています。(ここのプログラムロジックはずいぶん煩雑ですよ。)

一応、キーボードでも使えるように配慮した仕様ですが、ゲーム・コントローラーで操作する方が楽なようです。私はPlaystation4のコントローラーを使っています。

スチール・バックラーを使って、是非スリリングでマッチョな闘いを楽しんでください。
»Steamのワークショップ

最近のコメント

最近のトラックバック